人工透析とうつ病でも生きていく戦略と戦術の基礎知識

NoDialysis, NoLife.

サイトについて

腎臓は知らない間に悪くなっていく。

病気といっても、数えきれないほどの種類がありますよね。
もちろん、その中には、慢性腎臓病という病気もあります。
ただ、腎臓の病気といっても、また腎臓という臓器に特化した種類があるというわけです。
残念ながら、医療技術が進化した現代でも、
機能が低下した腎臓を元に戻すことは出来ません。
(腎細胞の再生などは、まだまだ研究段階です。)
健康な方でも、腎臟の機能低下は、
ゼロコンマ数%づつですが加齢と伴に低下します。
それが、腎臓機能が急激に(15%とか30%)とか低下していること
を慢性腎臓病(CKD)と呼びます。
腎臓の機能が15%落ちるのは大変な変化ですが、
とんでもなく痛い。とか、
はっきりした自覚症状はありません。
むしろ、毎日ダルイなぁ。腰がいたいなぁ。背中が重いなぁ。
とか、しか自覚症状がありません。
そして、いざ急激な自覚症状が出たときには、
腎不全状態になっていることが多いのです。
その場合、根本的な機能を回復する治療はできす、人工透析を行います。
腎臓が悪くなるの詳しい仕組みが、よく解っていないため、
完全に治療して腎機能を回復させることは出来ないのです。
生命の危機がある場合の人工透析とは、
救命処置、生命維持処置になります。
血液透析も腹膜透析も
「人工透析をしたくない」なら死しかないのです。
あとの選択肢は「腎移植しかない」ですからね。
腎移植も

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NoDialysis, NoLife. , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.