人工透析とうつ病でも生きていく戦略と戦術の基礎知識

NoDialysis, NoLife.

慢性腎臓病とは? この世のこと

急性腎不全とはどんな病気?症状?

更新日:

急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)は、急激に腎臓の機能が低下し、尿が少なくなったり、出なくなりする状態です。

現在でも、予断を許さない危険な病気です。

尿の量が少なくなる症状を「乏尿(ぼうにょう)」、尿が出なくなってしまう症状を「無尿(むにょう)」と言います。

急性腎不全になると、尿量の変化だけでなく、消化器、呼吸器、循環器、神経系など、いろいろな症状が発生し、きわめて生命が危険な状態となります。

急性腎不全であらわれる症状

●浮腫(むくみ)・・・顔面浮腫、脚の浮腫

●舌やくちびるの乾燥

●貧血

●乏尿、血尿、たんぱく尿、尿路感染症

●肺浮腫、肺感染症

●紫斑(しはん)・・・内出血で現れる斑点

●菌血症

●悪心、嘔吐、消化管出血 そのほか、精神障害、痙攣、傾眠といった症状も現れます。

急性腎不全は、急に尿が出なくなった(無尿)、尿の量が少なくなった(乏尿)になったときにまず疑われます。

診断にあたっては、血液をとって検査をします。

血清クレアチニンや尿素窒素(BUN)が上昇していると、急性腎不全と診断されます。

さらにその詳しい原因や腎臓の状態をしらべるために、尿たんぱくや尿沈さの検査などが行われます。

そのほか、X線検査やCTスキャン、超音波検査が行われることもあります。

急性腎不全と診断されたら、過労と不規則な生活を避けて身体を安静にし、慢性腎不全への移行をなんとしても阻止しなければなりません。

この病気は、本人が日ごろから注意や予防をできる類のものではありません。

かかってしまったら、医師の管理のもと、指示を守ることが大切です。

Photo by Subconsci Productions

adsense-336*280

adsense-336*280

-慢性腎臓病とは?, この世のこと
-, , , ,

Copyright© NoDialysis, NoLife. , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.