人工透析とうつ病でも生きていく戦略と戦術の基礎知識

NoDialysis, NoLife.

人工透析とはどんな治療法? この世のこと

骨折に気を付けよう

更新日:

慢性腎不全で透析治療を長くおこなっていると、さまざまな合併症や随伴症状が出てきます。

そのうちのひとつに骨の病変があります。

腎性骨症(じんせいこつしょう)とは、腎臓の機能の低下によって生じる骨の病変です。

骨軟化症(こつなんかしょう)、病的な骨折、骨痛、といった症状をいいます。

理由は、2つあります。

ひとつは、腎臓の代謝機能の障害による活性型ビタミンDの不足、

もうひとつは、腎臓の排泄機能障害によるリンの過剰状態です。

●活性型ビタミンDの不足 骨の形成をうながすビタミンにビタミンDがあります。

ビタミンDは、カルシウムの骨への沈着を助ける働きがあるとして、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の人の治療に着目されているビタミンです。

ビタミンDは、レバーやかつお、いわし、まぐろなど、食品中にも含まれているのですが、このビタミンDは、腎臓で代謝(たいしゃ)され、活性型に変化してはじめてその威力を発揮するのです。

しかし、腎臓が機能を失ったことで活性型ビタミンDが不足し、骨に栄養が沈着できなくなり、骨が病変するのです。

●リンの過剰 リンが過剰となることによって副甲状腺ホルモンが過剰になり、それが骨の形成を妨げる障害となります。

リンは、カルシウムの吸収に必要ですが、その比率が大切なのです。

カルシウム:リンの比率が、1対2、あるいは2対1の幅にあるとよく、それを外れると悪くなります。

リンは、あらゆる食品に広く含まれていますが、特に加工食品に多く含まれます。

骨粗鬆症予防からも、また透析中は特に、リンが過剰にならないよう食事のリン制限をすることが大切です。

adsense-336*280

adsense-336*280

-人工透析とはどんな治療法?, この世のこと
-, , , ,

Copyright© NoDialysis, NoLife. , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.