人工透析とうつ病でも生きていく戦略と戦術の基礎知識

NoDialysis, NoLife.

慢性腎臓病にならないために

eGFRを調べてみよう腎臓の異常があるかも

更新日:

腎臓は、尿を排泄するはたらきもありますが、逆に体内に必要な成分は再吸収するはたらきもあります。

ということは、必ずしも、尿が多ければ腎臓が活発によく機能しているということでもなく、かといって尿が少なければいいというわけでもなさそうです。

尿の色を観察していると、朝起きたときの最初の尿は、色が濃いように感じませんか?程度にもよりますが、これは特殊な場合を除いて、まず心配ないことが多いようです。

老廃物がたくさん出ている・・・つまり、腎臓が活発に機能している、ということでむしろ良いことの証明です。

このように腎臓の機能のよしあしは、普段の生活のなかではなかなかわかりません。

なかなか警告サインを出してくれない腎臓が、手遅れの状態まで病に侵されないよう、日ごろから高血圧など、腎臓に負担をかける生活習慣病に注意し、適切な検査を受けることが必要です。

腎臓病の検査には、尿検査、腎機能検査、のほか、X線検査や血液検査も行います。

  1. 病気の場所を知るための検査・・・尿検査X線検査超音波検査など。
  2. 腎臓の機能の程度を知るための検査・・・腎機能検査
  3. 体液の異常の程度を知るための検査・・・血液検査

この尿検査とは、尿のPH尿の量を調べます。腎機能検査というのは、PSP検査(排泄試験)eGFR検査(糸球体濾過値)です。

そして腎臓病の血液検査というのは、主に血清尿素窒素値(BUN)血清クレアチニン値(Cr)を調べるものです。

これらは腎機能が低下すると値が高くなることから、腎機能を知る重要なバロメーターになるのです。

eGFR(推算糸球体ろ過量)について参考になるリンク

腎臓病なんでもサイト (NPO法人腎臓サポート協会 さまのサイトへリンクしています)

 

adsense-336*280

adsense-336*280

-慢性腎臓病にならないために
-, , , , , ,

Copyright© NoDialysis, NoLife. , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.