人工透析とうつ病でも生きていく戦略と戦術の基礎知識

NoDialysis, NoLife.

腎臓移植医療について

慢性腎不全の究極の治療方法は腎移植です。

更新日:

現在では、慢性腎臓病で腎臓の機能が著しく低下してしまった場合でも、人工腎臓を用いて腎臓の機能の一部を代行してもらうことで日常生活にかなり復帰できるようになりました。

その代表的な方法が、人工透析治療です。

しかし、透析治療は、腎臓のすべての機能を完全に代行できるわけではないことから、長期間にわたって行っているうちに、さまざまな合併症や透析に伴う症状が発現するようになります。

スポンサーリンク

adsense-336*280

そこで、もうひとつの手段として期待されているのが、「腎臓移植」です。

現在、臨床で行われている臓器移植には、腎臓の他にも、心臓、心肺・肺、すい臓、骨髄、角膜などがあります。

臓器移植は、ドナー(臓器提供者)レシピエント(臓器受容者)の間でおこなわれます。

臓器移植では、このドナーとレシピエントの適合性が最適なものが選択されることになります。

基本的に腎臓は、人間のからだにふたつあることから、生きている人からもらうことができる臓器です。

生きている人から片方の腎臓をもらうものを「生体腎移植」、すでに亡くなった人の腎臓をもらうものを「死体腎移植」といいます。

生体腎移植は、血縁関係者を中心に行われます。

臓器移植手術後、提供した側のドナーの方も、提供された方のレシピエントの方も、基本的に、ひとつの腎臓で支障なく生活していくことができます。

日本では、慢性腎不全(まんせいじんふぜん)の患者さんの多くは、人工透析治療を受けていますが、これらの患者さんにもっと腎臓移植が広がることで、透析の負担や合併症から解放されることができるため、移植には特に期待がかけられています。

慢性腎臓病、なかでも慢性腎不全になってしまったら、血圧の管理や薬物療法、食事療法などで、少しでも進行を遅らせ、少しでも人工透析の導入を遅らせることが大切です。

最近では、人工透析技術も進歩し、適切な管理のもとで続けていくことにより、健康な人とほとんど変わらない生活を送ることも可能になりつつあります。

しかし、人工透析療法は通常、血液透析の場合、週に2~3回医療機関に通院し受けなければなりません。

しかもこれは、あくまで低下してしまった腎機能の一部機能の代わりをするものであり、腎臓病を回復させるものではありません。

したがって、半永久的に透析治療を続けていくことになります。また人工透析治療の合併症もあります。

 

慢性腎不全の究極の治療方法は腎移植です。

 

人工透析から、解放してくれる可能性があるのが「腎臓移植」です。

腎臓移植には、1.生体腎移植(せいたいじんいしょく)と、2.死体腎移植(したいじんいしょく)があります。

  1. 生体腎移植・・・親子間、きょうだい間など、血縁のある方の同意が取れれば、生体(生きている人の身体)から、血液型白血球の型(HLA)が一致する人の腎臓の片方を移植するものです。腎臓は左右ひとつずつ対になって2つあり、背骨をはさみ向かい合っています。したがってどちらか一方を失っても機能できるためです。
  2. 死体腎移植・・・事故などで亡くなった人の腎臓(死体腎)を、腎臓病の患者さんに移植するものです。ただし死後1,2時間以内に摘出し、移植しなければなりません。

日本の腎臓移植の成功率は非常に高く、生体腎移植では90パーセント以上、死体腎移植でも70パセーント近くにのぼります。

また、5年後の生着率も85~90%台と徐々に向上していています。

これは、臓器移植技術の向上、免疫を抑える薬などの進化など医系技術が進んでいます。

臓器医療の症例数が増えたことの良い影響だと感じます。

以前は、日本では臓器移植医療の技術や国民の理解が進んでいなくて、移植できる腎臓を求めて海外へ。ということが行われていましたが、

日本では平成9年に「臓器移植法等関連法案」が決まり、他の臓器の移植と同様、移植を推進しようという気運が高まり、多くの臓器移植手術が行われています。

臓器移植意思表示カードの配布、運転免許証や健康保険証への臓器移植の意思表示欄の掲載なども進みました。

が、臓器移植希望登録後の平均待機年数は、腎臓移植では14年程度の時間がかかっています。

待ち時間が長期に渡るため、移植の待機しているあいだは、生命維持のために血液透析か腹膜透析を選択せざるを得ません。

adsense-336*280

adsense-336*280

-腎臓移植医療について
-, , , ,

Copyright© NoDialysis, NoLife. , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.